LightWave

CG News

LightWave 2015 リリース

エッジでオブジェクト内、別オブジェクトの交差ラインが引けるのは良いですね。14年前に凄く欲しかった機能です。モデラーでマウスホイールでズーム機能もいい!デフォルトはOFFられるw
https://www.lightwave3d.com/new_features/

  • BULLET コンストレイントとモーター
  • インポータンスサンプリング
  • マッチパースペクティブ
  • GENOMA 2
  • エッジのレンダリング(交差エッジ、パッチ境界、エッジバッファ)
  • イナミックペアレント
  • 64ビット版 QuickTimeの対応
  • パッチ境界
  • テクスチャフォールオフの搭載
  • サーフェイス毎のクリップマップ制御
  • カメラのオーバースキャン機能
  • VPRでのアルファチャンネルレンダリングの対応
  • スプラインコントロールの改善
  • データ互換性の改善(Alembic 1.5、FBX 2015、Unity 5、GoZ Multi-Toolに対応)
  • VPRでジオメトリのモーションブラー対応
  • FIBER FX APIの公開

FiberFXが外部プラグインと連携出来るようになったので、OctaneRenderで使用できるみたい。
http://forums.newtek.com/showthread.php?141001-Octane-render-for-Lightwave-2-0&p=1409690&viewfull=1#post1409690

CG 日記

Syflex for LightWave 買ってみた

Syflex for LightWave が3月まで$200のセールしてたので買ってみました。

SyflexはLW9頃からありましたが、セール中のSyflexはLW11.6専用っぽいです。互換用のInput Node入れてもLW10や9だとライセンスが動かない気がします。

Syflexを数分動かした印象はMDやBulletより計算速度が早い。ジッターが発生しづらい。クロスシミュとして凄くリアルな方向性というより、上手く計算を誤魔化して実用的な速度に落とし込んでる印象です。

クロス計算はMDは顕著ですが、布の末端に誤差が蓄積されやすく、頂点が暴れたり自分に絡まってエラーが発生しやすいですが、その辺りのエラー回避が上手い印象です。逆にその辺りの処理の癖があるので、リアルじゃなく見えることもある気がします。

CG News

3rd Powersが5個のLightWaveプラグインリリース

Lightwave の新しいプラグインがリリースされました。どれも便利そうなプラグインですね。このタイミングで新しいLWプラグイン、紹介文の「座して死を待つことを望みません」が泣けますw
http://www.3rdpowers.com/index_jp.html

私たちは、アーティストであり開発者です。10年以上の間、インハウスソフトウェアの開発を行ってきました。 私たちは、アーティストであり開発者です。10年以上の間、インハウスソフトウェアの開発を行ってきました。
3Dコンピューターグラフィックスの世界は、常に、過酷な未開の地です。それは、大航海時代での長い遠洋航海のようなものです。時には、嵐の中を進み、時には、無風状態の中でイライラすることもあります。ですが、私たちは、決して、大海の真ん中で独りぼっちではありません。オールで漕いで前進し、一杯の水と幾らかの果物にありつくことができるのです。
私たちは、座して死を待つことを望みません。
ですから、私たちは、サードパーティーデベロッパーとして、お手伝いをさせていただきたく思います。

CG News

LightWaveのリグツール「RHiggit V2 」ベータ版 発表

http://forums.newtek.com/showthread.php?138970-RHiggit-V2-Open-Beta-Announcement

既存のプラグインを更新するだけでなく、全く新しいツールセットです。最初のバージョンがリリースされて以来、ユーザーが見たい機能やツールの多くを組み込んでいます。
この新しいバージョンではツールやワークフローをすべて新しい高さにまで引き上げていることです。RHiggit 2はどこでも利用可能な最も汎用性の高い、柔軟で高速なツールセットの1つです。

CG News

Isotropix Clarisse iFX リリース開始

Isotropixの新しい2D、3Dコンポジットソフト、Clarisse iFX の正式リリースが開始されたみたいです。フルCPU計算のモダンなレンダラー搭載、インスタンス、ファー、ノードベースのマテリアル、レイヤー階層によるシーン管理。ファイルはLWO、LWS、MDD、FBX対応。USD 2,995。

http://www.isotropix.com/index.php?to=products&productid=1&view=home

チュートリアルムービーも多数公開。

http://www.youtube.com/user/isotropix

開発者は元LightWaveを使用していた映像スタジオ。インハウス製の独自フレームワークや技術を元にClarisse iFXを開発。LightWaveのレイアウトの影響が色濃く残ってるので、LightWaveユーザーなら何となく懐かしい感じがしますね。今後の動向に要注目です。

参考資料

LightWaveでモーション、modoでレンダリングしたショートフィルム 「RUIN」

長いこと制作されてましたが、ついに完成したようです!スピード感があって、荒廃した未来的な世界観もステキです。

modoの動画レンダリングはほとんど試したこと無いですが、このムービー見る限りLWにありがちな高密度オブジェクト部分のアンチのチラツキが無く滑らかな動画に仕上がってるように見えます。きつめにポストエフェクト掛けてるってのもあるかも

http://www.conceptruin.com/