2DCG

CG News

ハリコミ専用ソフト「IwaWarper」リリース

アニメで使用されるハリコミ専用ソフト「IwaWarper」リリースされました。修正BSDライセンスで公開されています。
ジブリで貼り込み作業に使われてる貼り込み特化ソフトらしいです。

https://opentoonz.github.io/download/iwawarper.html
https://github.com/opentoonz/iwawarper

 

概要

アニメーション制作工程の中で、美術や特効で描かれた模様、汚れ、質感を作画の輪郭に合わせてゆがめ、動かす技法を「ハリコミ」と呼びます。
(ハリコミ以外にも、ハメコミ、オッカケ、2D変形などと呼ばれることもあるようです)

IwaWarperは、ハリコミのための専用ソフトウェアです。

CG News

Affinityバージョン2 リリース

Affinityクリエイティブスイート「Affinity Photo 2」「Affinity Designer 2」「Affinity Publisher 2」がリリースされました。また、Mac、PC、iPad すべて単一価格で購入できるAffinity V2ユニバーサルライセンスも発表されています。現在は発売記念割引として全製品40%OFFセール中です。

アプリストアを経由して販売しているためアップグレード価格ありません。正直目立った機能追加もありませんが、これまで長い期間無料でアップデートが続けられていたことを考えると十分お得な価格設定に思えます。

個人的にはAffinity Designerが使えれば問題ないのですが、せっかくなのでAffinity V2ユニバーサルライセンス買ってみようかなと思いましたが、、、今の円安を反映した価格になっていてセール感が全くないのが残念ですね。ドル換算だと通常価格 $169.99、セール価格 $99.99です。デスクトップ版の永久ライセンスはバージョン1から$15値上がりしているようです。

https://affinity.serif.com/ja-jp/whats-new/
https://affinity.serif.com/ja-jp/press/newsroom/affinity-v2-sets-new-standards-in-creative-software/

 

価格

  • Affinity Designer 2 : 通常価格¥10,800、セール価格 ¥6,600
  • Affinity Photo 2 : 通常価格¥10,800、セール価格 ¥6,600
  • Affinity Publisher 2 : 通常価格¥10,800、セール価格 ¥6,600
  • Affinity V2ユニバーサルライセンス : 通常価格¥26,800、セール価格¥15,800

 

新機能

Affinity Designer 2

ベクターワープ

この非常に強力で要望の多かった追加機能により、あらゆるアートワークやテキストに非破壊ワープを適用できます。十分にカスタマイズ可能なメッシュを選択するか、または円弧、パースペクティブ、魚眼、渦巻きなどのプリセットを使用することができます。ワープを編集すると、複雑なイラストでも超高速のライブプレビューができ、真のベクターの最終結果になります。

 

シェイプビルダーツール

シェイプとセグメントの加算と減算を、より簡単かつインタラクティブに行うことができます。セグメント間でシェイプをドラッグして結合するか、モディファイアを長押しして減算するだけで、複雑なシェイプをすばやく作成できます。

 

ナイフツール

あらゆるシェイプ、曲線、テキストを、驚くほどすばやくコンポーネントにスライスできます。スタビライザーでさらに精度を高め、シザー機能でカーブの任意のノードやセグメントをクリックして分割することができます。

 

測定ツールとエリアツール

オブジェクトの線の長さ、セグメント、距離、およびエリアを簡単に測定して拡大縮小します。測定ツールでは、2つのポイント/オブジェクト間の距離を測定できます。それに対してエリアツールでは、閉じたシェイプの面積、周長、任意のセグメント長を測定できます。

 

DWG/DXFのインポート

AutoCADおよびDXFファイルを、元のファイルのレイヤー構造と縮尺を維持しつつ迅速かつ正確にインポートして編集できます。

マルチレイヤーインポート、カラーオーバーライド、オートスケールなどの機能により、インポート品質は他の追随を許しません。

 

X 線ビュー

新しいビューモードでは、作品のメークアップが表示され、複雑なアートワークの中から特定のカーブやオブジェクトを選択するのに特に便利です。

 

 

Affinity Photo 2

非破壊的RAW現像

データを破壊しないでRAW現像を行うことができるようになりました。つまり、ファイルにレイヤーや調整を加えた後でも、いつでも現像設定に戻ることができます。ファイルサイズを小さくするために、ドキュメントファイルに埋め込むか、外部にリンクするかを選択します。

 

複合マスク

加算、交差、減算、XOR操作を使用して、複数のマスクレイヤーを非破壊的かつ簡単に結合します。これは、作成した個別のマスクを非破壊で維持しながら、それらの構成要素に基づいて新しいマスクを作成できるという意味です。

 

ライブメッシュワープ

画像やファイルを歪ませて下層のテンプレートの表面にマッチさせたいとお考えですか?データを破壊しないワープを適用して、これが可能になりました。また、いつでも編集に戻ることができます。これは、本や雑誌のページなどの上にドキュメントファイルを配置して合成するなどのモックアップ作業で高い効果を発揮します。

 

法線調整

既存の法線マップにベイクされた照明情報を調整します。テクスチャアーティスト向けのスタンドアロン機能として優れていますが、3Dレンダリングソフトウェアから生成された照明レイヤーの編集も可能です。

 

ライブマスク

下層の画像のプロパティに基づいて自動的に更新される新しいライブマスクで、強力で非破壊的な多数のワークフローを構築できます。

 

色相範囲

画像内で特定の色に基づいたマスクを作成し、調整やエフェクトを適用したり、選択した色相の自動生成されたマスクにペイントしたりできます。

 

バンドパス

バンドパスは、画像内のエッジに焦点を当てたマスクを作成します。これは、異なる周波数のレイヤーで作業するレタッチャーに広く利用されていますが、アーティスティックな効果を生み出すこともできます。

 

明度

特定の輝度範囲、例えばハイライトやシャドウの特定の範囲(またはその中間)をマスクして、そのエリアに制御された調整を適用することができます。

 

保存済みレイヤーステート

レイヤースタックのさまざまな可視性ステートを保存して、多様なデザインオプションや作品のバージョンをすばやく確認できる、強力な機能です。

レイヤーの可視性を現状のまま保存する手動レイヤーの状態、またはスマートレイヤーの状態(レイヤーカラータグ、レイヤータイプ、レイヤー名、ロックステータスなどのフィルター基準に基づいてレイヤーのオン/オフ切り替えを指定できる)のどちらかを作成します。

 

JPEG XLのインポート/エクスポート

広色域とHDR画像の編集で業界をリードするAffinity Photoは、フルHDRディスプレイを完全にサポートしています。JPEG XLのサポートにより、特にWebブラウザでのサポートが拡大されているフォーマットへのエクスポートが可能になりました。これはつまり、あるユーザーがAffinity Photoで見たものを別のユーザーが利用できるようになったということです。

 

 

Affinity Publisher 2

書籍

個々のPublisherドキュメントを章として組み合わせて1つの長い作品を作成したら、ページ番号、目次、索引、スタイルを自動で全体に同期します。作業に関わるチームは、全体をまとめる前に各自のセクションで個別に作業できるため、共同作業に特に便利です。デスクトップ版のみでご利用いただけます。

 

脚注、文末脚注、追記

テキストセクションにアカデミックスタイルの脚注や参照を簡単に追加できます。

 

オートフローの配置

必要な画像がすべて収まるまでドキュメント全体で自動で繰り返される単一のレイアウトを作成します。また、画像の繰り返し回数を指定して高度なテンプレートを設定できるため、数回クリックするだけで複数のバリエーションを即座に作成できるようになります。

 

リンクされたファイルレイヤーの可視性オーバーライド

リンクの整合性を失うことなく、PSD、PDF、DWG、DXF、その他のAffinityドキュメントを含む配置済みファイル内で任意のレイヤーをオン/オフにできます。ソースファイルが変更されても、レイヤーの可視性設定は維持されます。

 

DWG/DXFの配置

DXFまたはDWGファイルをAffinity Publisherの制作物に配置できます。

 

スタイルピッカーツール

ページ上の任意のオブジェクトやテキストのスタイルを選び、他のオブジェクトやテキストにドロップすることで簡単に適用できます。 (デスクトップのみ).

 

パフォーマンス

特に大きなファイルや画像が多数配置されている大きなサイズのドキュメントを処理する際のメモリの取り扱いを見直して、大幅なパフォーマンスの向上を実現しました。

 

デスクトップバージョンの新機能

新規ドキュメント

アクセスしやすくなったプリセットリスト、簡単なプリセット管理、プリセットのお気に入り登録や見やすいプレビューおよびドキュメントサマリーが使えるようになりました。

 

最近使用したドキュメント

サムネイルプレビューまたはリストで表示できるようになりました。ドキュメントをピン留めしてクイックアクセスできます。

 

大幅に改良されたレイヤーパネル

  • よりクリアになったドロップゾーンでの内部へのドロップ、マスキング、並べ替え
  • 親バーでグループを簡単に折りたたみ、現在の親の上または下にレイヤーをドロップ
  • カラータグ付けのための新しいクイックメニュー(可視性アイコンを右クリック)
  • その他のレイヤーを表示/非表示にするオプション
  • 複数のレイヤーを一度にドラッグすることで、レイヤーの表示 / 非表示を即座に切り替え
  • FXアイコンをドラッグしてレイヤーエフェクトを他のレイヤーにコピー(または削除)
  • レイヤーを最初に選択しなくてもロックできる機能
  • レイヤータイプ(ピクセル、画像、テキスト、カーブなど)を示すアイコンを表示する新しいオプション

 

ボックスカラーホイール

垂直方向と水平方向に移動させることで輝度を変更せずに彩度を簡単に変更できます。

 

レイヤーごとに最近使用したラスターブラシを見ることができます

描画したピクセルレイヤーには、そのレイヤーで使用したブラシのドロップダウンリストが表示されるようになりました。これにより、途中でドキュメントを大幅に編集した後でも、中断したところから簡単に再開できるようになりました。

 

 

IPADバージョンの新機能

iPad版のすべてのアプリには、上記のほぼすべての新機能が追加されていますが、UIには次のようなiPad限定の機能強化も含まれます。

 

コマンドコントローラ

この新しい放射状メニューでは、すべてのツールに共通するモディファイアに素早くアクセスできます。

 

クイックメニュー

3本指でスワイプするだけで、クリップボードオプションや9種類のカスタマイズ可能なショートカット操作に瞬時にアクセスできます。

 

コンパクトモード

レイヤーとブラシパネルで利用できる新しいモードによって、これらのパネルを開いたまま、ドキュメントの領域を最大化することができます。

 

iPadOS 16対応

すべての iPad アプリは、iPadOS 15 以降に引き上げられたメモリ制限を利用できるように最適化されています。また、iPadOS 16 のお客様は、新しい仮想メモリスワップによるメリットも活かすことができ、非常に大きなサイズのドキュメントの処理パフォーマンスを劇的に向上させることができます。

参考資料

A Brief Disagreement

テンション高いアニメーションで面白い。Clip Studio Paint、After Effects、C4Dを使用して作成してるそうです。

参考資料

寻光 - bilibili

アニメーションを夢見る若者を応援するコンセプトショートフィルムだそうです。構成もいいですね。

参考資料

オープンソースのAI画像アップスケーラー「Upscayl」

オープンソースのAI画像アップスケーラー「Upscayl」1.5.0が公開されたようです。1.5.0では写真に強いRealSRが統合されてるようです。また、アップスケールを2重に適用して16倍にできるオプションが追加されたようです。品質は大丈夫なのかな。

https://github.com/upscayl/upscayl

 

Upscayl v1.5

  • memeフォルダに一括アップスケールモードを追加しました
  • 新しいデザイン
  • 新しいロゴ
  • Double Upscayl オプション。アップスケールを2重に実行できます
  • 新しい REALSR の統合。画像をシャープできます
  • バグフィックス

 

比較

中解像度の画像 ( 300 ~ 400 ピクセル)

 

ロードマップ

  • 映像のアップスケーリング対応
  • より多くのモデル
  • 全世界でFOSSを使えるようにする

 

FAQ

Upscaylの仕組みは?

UpscaylはAIモデルを使って細部を推測し、あなたの画像を向上させます。Real-ESRGAN(将来的にはもっと増える予定)モデルを用いてこれを実現します。

CLIはありますか?

CLIツールはreal-esrgan-ncnn-vulkanと呼ばれ、Real-ESRGANのリポジトリで公開されています。

GPUは必要ですか?

はい、残念ながら。NCNN VulkanはVulkanと互換性のあるGPUを必要とします。アップスケイルはiGPUやCPUでは動きません。

どうすれば貢献できますか?

より多くのNCNN互換モデルを寄付したり、PRを提出することでコードを修正することができます 🙂

完全なオープンソースではないのですか?

我々は完全にフリーでオープンソースの技術を使用しています。バイナリを同梱していますが、それは、バイナリを同梱しないとプロジェクトの目的をすべて失ってしまうからです。もしPyTorch、NCNN、Pythonのエラーに対処したいのであれば、Real-ESRGANが提供するコードを使って、あなた自身のバイナリをコンパイルすることを歓迎します。バイナリは便宜上プリコンパイルされていますが、それを信用しないのであれば、自分でコンパイルしてもかまいません、ここでは全てがフリーでオープンソースですから 🙂

UpscaylはReal-ESRGAN-ncnn-vulkanバイナリを使って画像のアップスケールを行います。より多くのモデルとアルゴリズムがまもなく登場する予定です。

参考資料

写真から人やオブジェクトを消すサービス「Cleanup.Pictures」

AIを使用して写真から人やオブジェクトをペイントするだけで削除するサービス「Cleanup.Pictures」が話題になってたのでメモ。

https://cleanup.pictures/

 

信じられないほどの品質で数秒で画像をレタッチ

 

ユースケース

フォトグラファー

写真家は印刷する前に写真からタイムスタンプを削除するためにCleanup.picturesを使用しています。Cleanup.picturesを使用すると、任意の不要なものを削除し、写真をきれいにすることができます。

 

クリエイティブ・エージェンシー

クリエイターはCleanupを使って完璧なビジュアルを瞬時に作り上げます。
どんな既存の写真でも、簡単にリミックスして、パーツを自分のものに置き換えることができます。邪魔にならないツールを使って、クリエイティブなフローを維持しましょう。

 

不動産

不動産業者は、写真から不要なオブジェクトを削除するためにCleanUp.picturesを使用しています。

 

Eコマース

製品を輝かせる。聴衆を感動させる、雑念を取り除く。

 

透かしを削除

Cleanup.pictureは、不要なウォーターマーク、日付スタンプ、テキストを削除するのにも便利です。

 

Developers API

あなたの製品に高品質なインペインティングが必要ですか?APIドキュメントをご覧ください(特別価格が適用されます)

 

 

FAQ

インペインティングとは何ですか?

インペインティングとは、写真から不要なものを取り除く(オブジェクトリムーブ)ための特殊技術です。不要な人物を削除する場合にも使用できます。それはインペイントのようなクローンツールで動作していたが、人工知能を使用すると、今日はるかに良い結果を与えます。

 

なぜCleanup.Pictureは他のインペイントツールより優れているのですか?

Cleanup.pictureは人工知能に基づいた高度な編集ツールで、他のクローンスタンプツールよりはるかに優れています。adobe photoshop fixのようなクローンツールは背景を参照する必要がありますが、私たちのAIはほんの数クリックで不要なテキスト、不要な人、不要なオブジェクトの背後にあったものを本当に推測することができるのです。

 

cleanup.picturesはどのような解像度の画像を扱うことができますか?

Cleanup.picturesでは、どのようなサイズの画像でもインポートすることができます。エクスポートは無料版では720pxに制限されます。Pro版ではサイズ制限はありません。Cleanup.picturesでエクスポートされる画像の品質は継続的に改善されています。

 

私の画像はどうなりますか?保存されますか?

いいえ、画像はクリーンアップされた後、すぐに削除されます。私たちのサーバーには、画像に関連するデータは保存されません。

 

Cleanup.pictureの料金はいくらですか?

  • Cleanup.Pictureは、より良い品質と処理高解像度の画像を必要としない限り、無料です。
  • 価格は任意のサイズの画像を処理するために、その後、月額$5または年間$48(月額$4)です。
  • トライアルは、無料でHD品質をテストすることができます。エディションを緩和するために、画像にズームすることができるようになります。

サブスクリプションは、モバイルとデスクトップの両方で動作します。

  • 8月15日まで、Cleanup Proは-50%オフの年間24ドル(月々2ドル)です。
    クーポンの入力は不要です。

 

iOSやAndroidでCleanup picturesを使うには?

ClipDrop iOSアプリをダウンロードすれば、モバイルからCleanupを利用することができます。

Androidでは、https://cleanup.pictures、直接アクセスして利用することもできます。多くのiOSとAndroidユーザーは、このウェブサイトをホームスクリーンに追加するだけで、モバイルでアプリとして使用することができます。

 

サブスクリプションの編集、一時停止、キャンセルはどのように行うのですか?

サブスクリプションの管理は、「サブスクリプションの管理」セクションで行えます。

 

Cleanup購読は何人のユーザーが使用できますか?

各クリーンナップサブスクリプションは個別で、1人のユーザーに制限されています。

 

inpainting APIはどのように使用できますか?

Cleanupのinpainting APIは、Node.js, SwiftUI, Kotlin...などのあらゆる環境で使用することができます。
豊富なドキュメント、ライブデモ、多数のサンプルを提供していますので、すぐに使い始めることができます。

 

写真から人物を削除するには?

cleanup.picturesを使えば、無料で数秒のうちに写真から人物を削除することができます。Adobe Photoshopのような複雑なソフトは必要ありません。cleanup.picturesを使えば、数回のクリックでプロ並みの仕上がりになります。

プロからのアドバイス:大きめのブラシを選択し、レタッチしたい部分よりも広い範囲をカバーすることを躊躇しないでください(特にシャドウをカバーする場合)。これにより、アルゴリズムが最適な結果を作成します。

 

写真から不要なオブジェクトを削除するには?

cleanup.pictures Cleanup.pictures(無料のクリエイティブ編集ツール)を使って、不要なオブジェクト、人物、または欠陥を削除します。A.I.アルゴリズムが、ワンクリックでオブジェクトの背後にあったものを再構築します。オブジェクトを削除するために、不要な要素が覆われていることを確認してください。人物を削除したり、テキストを削除するのも同じ方法です。

 

画像からテキストや透かしを削除する方法は?

cleanup.picturesを使えば、テキストや画像を数秒で、しかも驚くほど正確に削除することができます。オブジェクトや人物に関しては、画像をツールに読み込み、削除したいテキストや透かしの上に描画するだけです。数秒後、それが完全に消えているのがわかるでしょう。

プロからのアドバイス:最良の結果を得るためには、実際に削除したいものよりも少し大きな領域をオーバーフローして描くことを確認してください。

重要: ウォーターマークは通常、画像の著作権が制限されていることを示します。ウォーターマークは、明確なライセンスを持っている画像にのみ、削除してください。

 

シミやシワを除去する方法は?

クリーンアップブラシを使って、写真からシミやシワを除去することができます。他の除去方法と同様、ブラシをオーバーフローさせてください。

 

画像の背景を削除するにはどうすればよいですか?

オンラインまたは携帯電話で写真の背景を削除するには、ClipDropを使用するのが一番です。現在入手可能な中で最高の品質を提供します。

Tips

PhotoShop CS6でWebPファイルを読み込む方法

PhotoShop CS6でWebPファイルを読み込む方法について書いてみます。

WebP形式を使用するWebサイトが増えているので、WebPが読み込めないと不便なときがあります。Photoshopは23.2でようやくWebPファイルに標準対応しましたが、古いバージョンのPhotoShopでは標準でWebPファイルを読み書きできません。

 

WebPShop

プラグイン 「WebPShop」を使用すると PhotoShop CS6 でWebP形式の読み込みや保存ができるようになります。

https://github.com/webmproject/WebPShop

 

インストール方法

プラグイン「WebPShop_0_4_3_Win_x64.8bi」をダウンロードして、PhotoShopのPlug-insフォルダにファイルをコピーします。

Windows x64用プラグインファイル

WebPShop_0_4_3_Win_x64.8bi

Plug-insフォルダ

C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS6 (64 Bit)\Plug-ins

 

読み込みと保存

プラグインをインストールすると、他のファイルと同様にドラッグアンドドロップでWebPを読み込むことができます。

WebPで保存する場合は、ファイルメニューの「保存」「別名で保存」からファイル形式を指定して保存できます。

 

保存を実行すると「WebPShop」のUIが表示されて、圧縮クオリティーを設定できます。うちの環境ではPreviewが動作しませんでした。

 

とりあえずWebPが読み込みたい場合に使用するには十分なので、Preview動かなくてもヨシ!

参考資料

アニメ画像超解像「Real-CUGAN」

Waifu2x-CUNetと同じアーキテクチャを使用してトレーニングしたアニメ画像超解像だそうです。

https://github.com/bilibili/ailab/blob/main/Real-CUGAN/README_EN.md

 

アニメ映像の超解像のためのリアルカスケードU-NET

Real-CUGANは数百万件のアニメデータを用いて学習させた汎用アニメ画像超解像モデルで、Waifu2xと互換性のある構造になっています。 2倍/3倍/4倍の超解像に対応し、2倍モデルは4つのノイズ低減強度と保存修復、3倍/4倍モデルは2つのノイズ低減強度と保存修復に対応します。

Real-CUGANは、Windowsユーザー向けに実行環境をパッケージングしています。 Windows-GUI版とWeb版の両方が利用可能です。

 

視覚効果の比較

テクスチャ

 

ライン

 

ヘビーアーティファクト

 

ボケ

 

詳細な比較

Waifu2x(CUNet) リアル-ESRGAN(Anime6B) リアル-CUGAN
トレーニングセット プライベートアニメトレーニングセット、未知の規模と品質 プライベートアニメトレーニングセット、未知の規模と品質 ミリオンスケールの高品質パッチトレーニングセット
速度(回) ベースライン 2.2x 1x
映像効果 ぼかすことはできません。アーティファクトは完全には削除されません 砥石強度が最大です。塗装スタイルは変更になる場合があります。線が正しく再構築されていない可能性があります。ボケ効果領域を強制的にクリアすることができます。 waifu2xよりもシャープなラインスタイル。ボケ効果領域はより良く維持されました。テクスチャがよりよく保存されます。
互換性 既存のウィンドウの数-アプリ、
Caffe、PyTorch、NCNN、VapourSynth
PyTorch、VapourSynth、NCNN waifu2xと同じ
強化 複数のノイズ除去強度をサポート デフォルトの拡張強度のみをサポート 2x用に5つの異なる強化強度、3x用に3つ、4x用に3つ
SR解像度 1x + 2x 4x 2x + 3x + 4xがサポートされ、1xモデルがトレーニング中です

 

参考資料

Rebelle 5 リリース

顔料をベースにした物理的な混色機能を追加したRebelle 5 がリリースされました。絵の具的な混色とNanoPixelが面白いですね。DropEngineも楽しそう。

価格はRebelle 5 $89.99、Rebelle 5Pro $149.99です。アップグレード価格は現在Rebelle 4の所有者はすべて50%OFF、通常のアップグレード価格は、標準で$44.99、Pro $74.99です。

https://www.escapemotions.com/products/rebelle/about
https://www.escapemotions.com/blog/rebelle-5-released-today-a-whole-new-level-of-painting-experience

主な新機能

顔料

Rebelle 5は、RGBフルカラーガモットで伝統的な顔料に基づくリアルフィジカルなカラーミキシングを備えた世界初のソフトウェアです。

伝統的な顔料で作られたように色を混ぜ、グレーから自然に曲がるより鮮やかな色を作り出し、二次的な色相を作り出します。顔料のカラーミキシング・モデルを開発したŠárka SochorováとOndřej Jamřiškaに特別な感謝を捧げます。彼らのソリューションのおかげで、これらの美しいリアルなカラーシフトを楽しむことができるようになります。この機能はRebelle 5 Proで利用可能です。

 

 

NanoPixel

機械学習に基づく新しいNanoPixelテクノロジーにより、リアルタイムでキャンバスにズームインして無限のディテールを確認し、シャープなディテールで16倍もの驚くべきサイズのアートワークをエクスポートしたり、絵画をA4からA0にリスケールして今までにないディテールでプリントすることができます。この機能はRebelle 5 Proで利用可能です。

 

水彩画の粒状化

水彩画のストロークに美しい実物そっくりの粒状化効果を追加して、絵画をこれまで以上に生き生きとしたものにすることができます。

 

改良された油絵とアクリル

Rebelle 5では、油絵とアクリル絵の具を使ったペイントが大幅に改良され、よりコントロールしやすいペイントが可能になりました。

 

タイムラプス録画

ペイントの最初から最後までを録画し、.mp4ファイルフォーマットでエクスポートできます。

 

Photoshopプラグイン

弊社ソフトウェアとPhotoshopの間で頻繁にレイヤーを交換する必要があるアーティストのために作成された特別なプラグインです。ボタン1つでレイヤーをPhotoshopに書き出したり、逆にPhotoshopからレイヤーを書き出したりすることができます。この機能はRebelle 5 Proで利用可能です。

カラーマネージメント

カラーマネージメントは、ピグメントカラーミキシングとシームレスに動作するように再設計されました。この機能はRebelle 5 Proで利用可能です。

 

  • マルチカラー&ダーティブラシ - 美しいマルチカラーのブラシストロークを作成したり、ダーティブラシを使用して最後に読み込んだ色でペイントすることができます。
  • エクスプレス・オイル - 素早いスケッチ、コンセプト・デザイン、下絵の準備、または広い面積を素早くカバーする必要がある場合に使用する、オイルをベースにした新しいペイント・ツールです。
  • ミキシング・パレット - 色を別のミキシング・パレット・パネルに置いてから、キャンバスに乗せる前に混ぜたりなじませたりすることができます。ペイントにカラーピグメントを使用した場合、選択したピグメント(カドミウムイエロー、カドミウムレッド、プルシアンブルーなど)に応じてパレット内の色が混合されます。「伝統的なアート出身で、デジタルアーティストとしてプロとして活動している私にとって、Rebelleはそのギャップを完璧に埋めるものであり、他のプログラムでは到底捉えられないようなニュアンスを与えてくれるものです。ブラシスタイル、顔料充填、「ペイントを押す」感触のコントロールは他に類を見ないもので、Rebelleは私のプロフェッショナルツールキットの一部として常に存在し続けるものです。~ ウェスリー・ガードナー、イラストレーター、フリーランス・アーティスト
  • フルカラーペーパー - ペイント中にさらに自然な感じを得るために使用できる新しいタイプのペーパーである、3つの新しいフルカラーペーパーセットをお楽しみください。これらのペーパーはフルカラーで作成されているため、より多様で豊かな、より詳細なペーパー構造を楽しむことができます。これらのペーパーは、アドオンとして別途購入することができます。
  • 複数の参照画像 - Rebelle 5から1枚だけでなく、複数の画像をそれぞれ別の画像パネルに読み込むことができます。
  • ボリューム・プリセット - サイズ、不透明度、水、油分、圧力など、最も頻繁に使用するボリューム・パラメータを新しいパネルに保存できます。
  • カーブ・エディタ - 不透明度、ブラシ・サイズ、チップ・ティルト、ペイント・モード、およびブラシ・クリエータのその他の設定にカスタム・カーブを設定します。さらに、ペンの筆圧感度のカーブを修正することもできます。
  • 反転マスキング - マスキング機能の使い勝手が一段と向上しました。Rebelle 5では、マスキング液レイヤーの不透明または透明ピクセルを選択してマスクすることができます。
Tips

Affinity Designer 移行メモ

デザイン作業するときIllustrator CS6からAffinity Designerに切り替え用と思ったので、移行するときに調べた機能をまとめました。

Illustratorは歴史があってそれなりに便利なのですが、動作が重いのとAdobe XDに比べると便利機能が足りなくなっていて、スライス書き出しできるAffinity Designerに切り替えようと思いました。

Mac環境だとSketchが鉄板のようですが、Windows環境だと選択肢が少ないのが残念ですね。

ツール

ツールに関するメモです。

ノードツール

なげげなわ選択

ポイントを選択する場合にAlt+ドラッグでなげなわ選択になる。

 

ハンドル制御
  • 直線をドラッグするとカーブになる
  • 鋭角なポイントをカーブにしたい場合は「スムーズに変換」ボタンを押す
  • ポイントAlt+ダブルクリックで「シャープに変換」
  • ベジェハンドルSift+ドラッグで45°スナップ

 

コーナーツール

非破壊的にRを追加したり面取りできる。コーナーの形状を指定可能。

ペンツール

カーブ終了はダブルクリック、またはESCキー。スマートモードを切り替えるとAfterEffectsのオートベジェのような動作に変更することができる。

 

ラバーバンド(輪ゴム)モードをONにすると、パスをプレビューすることができる。

 

ブラシツール

スタビライザを使用すると手ぶれ補正できる。

  • ロープモード : ZBrushのレイジーマウスのような手ぶれ補正。
  • ウィンドウモード : ロープに比べて弾性がある。角が丸まりやすい。

 

輪郭ツール

シェイプに厚みを設定できる。パスと塗りで効果が違う。

 

非破壊合体を使用するとメタボールのような表現が可能になる。

 

スライスツール

複数の解像度を一度に出力することができる。複数フォーマットも出力可能。アイコンファイル作成に便利。

 

 

編集

編集操作に関するメモです。

シンボル

XDのようにオブジェクトをインスタンス化できる。

 

アピアランス

境界線を追加、または複製して多重に線を描くことができる。

 

レスポンシブレイアウト変更

スケールに応じてレスポンシブにオブジェクトのレイアウトを変更したい場合は「制約」パネルを使用する。

スケーリング矢印

矢印はオブジェクトのスケール方向の制限。

最小フィット/最大フィット

現在より大きくなる場合、または小さくなる場合にスケールする。

アンカーライン

アンカーラインはオブジェクトを寄せる方向の指定。

「制約」パネルは複数選択で編集すると、全てのオブジェクトの設定が置き換わってしまうので、部分的な設定は個別に指定する必要がある。

 

ブール演算と非破壊的合成

Illustratorのパスファインダーのようにパスを合体する場合は、オブジェクトを選択して合体ボタンを押す。

Adobe Xdのように非破壊で合体したい場合はAlt+合体ボタンを押す。レイヤーで合成方法を後から変更することができる。

描画モードを「消去」に設定すると似たような効果を得られるが、「消去」を使用するとEPSやPDF出力時にライスタライズされるので使わない方がよい。

 

プリミティブを編集可能なパスに変換

図形プリミティブを編集可能なパスにする場合は、コンテキストツールバーの「カーブに変換」を押す。

 

レイヤー クリッピング

レイヤーのドロップ位置でクリッピングの動作が変わる。

  • レイヤークリッピング : レイヤー名前にドラッグアンドドロップ。ペイントソフトでいうところの「下のレイヤーでクリップ」のような動作
  • ベクトルマスク:レイヤーのサムネイルにドラッグアンドドロップ。XDの「シェイプでマスク」の動作。

 

反復複製

複製の位置、回転、スケールを繰り返し複製する場合はAlt+ ラッグ 後に、Ctrl+Jを押す。リピートグリッドの代わりに使う感じ?

位置を移動して反復複製。

 

位置、回転、スケールを変更して反復複製。

 

色の一括変更

ファイル内の色をまとめて変更したい場合は、選択メニューの「塗り潰しカラー」「輪郭線カラー」を実行して色を変更する。
XDにはカラーアセットというファイル内の色をまとめて管理編集できる機能があるのですが、残念ながらAffinity Designerには色の管理機能がありません。選択して色変更という2ステップの工程が必要になります。

選択メニュー / 同一を選択 / 塗り潰しカラー 、輪郭線カラー

 

また、白色と黒色はカラーパレットのHSLを記憶しているため、RGB値が同じ白(255)や黒(0)でも選択対象にならない場合があるので注意が必要です。

 

パスのアウトライン

Illustratorの「パスのアウトライン」のように線をアウトライン化したい場合は、「輪郭線を展開」を実行する。

レイヤーメニュー / 輪郭線を展開

 

アウトラインをスケール

Illustratorの「線と効果も拡大・縮小」のように線をスケールしたい場合は、境界線パネルの「オブジェクトとともにスケーリング」をONにする。

 

重ね順ボタン

レイヤーの重ね順変更。コンテキストツールバーの重ね順ボタンを使用すると連続して変更しやすい。

 

等間隔に分布

Illustratorの等間隔に分布するには「自動等間隔配置」を使用する。

 

色のスポイト

カラーパネルでスポイトアイコンをドラッグ。

 

表示

表示に関するメモです。

キャンバス回転をリセット

Illustratorのズームの癖でAlt + マウスホイール操作してしまうと、キャンバスが回転してしまう。リセットする場合はCtrl+Alt +Shift+R 押す。

 

Alt+マウスホイールは環境設定の「Alt +スクロールホイールによるキャンバス回転を有効化」をOFFにすると無効にできる。

編集メニュー / 環境設定 / ツール / Alt +スクロールホイールによるキャンバス回転を有効化

 

環境設定

環境設定に関するメモです。

 

選択ツール

Illustrator同様に矩形選択で少しでも範囲に含まれるオブジェクトを選択したい場合は、「選択マーキーと交差するオブジェクトを選択する」をONにする。

編集メニュー / 環境設定 / ツール / 選択マーキーと交差するオブジェクトを選択する

 

ズームにマウスホイールを使用

キャンバスのズームをマウスホイールで行いたい場合は「ズームにマウスホイールを使用」をONにする。

編集メニュー / 環境設定 / ツール / ズームにマウスホイールを使用

 

グリッドの単位をピクセルに変更

グリッドの単位をピクセルに変更したい場合は、「ドキュメント設定...」でドキュメント単位を「ピクセル」に変更する。

 

使用した感想

バージョン 1.9.2の時点でいい部分と不満に感じる部分です。

ポジティブ

  • 価格が手頃
  • 以下の機能が便利
    • シンボル
    • 非破壊合体
    • 制約 (レスポンシブ)
    • スライスツール
    • コーナーツール
    • シェイプツール (プリミティブの図形)
    • ショートカット設定の制限が少ないのが便利

 

ネガティブ

  • ヘルプ、チュートリアル、UIラベルでそれぞれ機能名が異なる場合がある(許容範囲)
  • Adobe製品と変形操作のモディファイヤキーが微妙に異なる(少し混乱する)
  • ビューの拡大率によって線端の表示が変わることがある

 

デフォルトの状態だとオブジェクトが多くなると複製や移動時に引っかかるようになり、動作が遅く感じることがありました(GPUが古くOpenCLが使用できないのが原因かも知れない)。
具体的にはアプリケーション内のアイコンのような物を1ファイル内で30個作ると、アイテムの選択や複製時に一秒程度の処理待ちが発生します。レイヤーパネルのスクロールも遅くなりました。

環境設定にあるパフォーマンスのRetinaレンダリングを「低品質」にしたら改善することができました。

 

参考

チュートリアル
https://affinity.serif.com/ja-jp/tutorials/designer/desktop/

 

参考資料

アニメーションスタジオ作画テンプレート

アニメーションスタジオで使用されるデジタル作画用のテンプレートが配布されています。ファイルには注意事項が記載されたPDFが含まれてるのですが、命名規則とかデータ管理が思いの外アナログ準拠な印象ですね。ソフト的にしようがないんでしょうけど。

https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/4537

 

日本アニメーション 作画用テンプレート

  • サイズ:1500×844
  • 解像度:150
  • フレームレート:24

 

東映アニメーション

  • サイズ:1600×900
  • 解像度:144
  • フレームレート:24

 

スタジオ雲雀

  • サイズ:2056×1157
  • 解像度:200
  • フレームレート:24

 

キネマシトラス

  • サイズ:1500×844
  • 解像度:150
  • フレームレート:24

OLM

  • サイズ:1600×900
  • 解像度:150
  • フレームレート:24

参考資料

『暗く黒く』MV

コンセプトアーとがそのまま動いてるみたいな絵が良いですね。