AfterEffects

CG News

GeoTracker for AE ベータ版

ジオメトリを使用したトラッカープラグイン「GeoTracker」のAfterEffectsバージョンがベータが無料公開されています。GeoTrackerは元々Nuke用にリリースされていたプラグインです。

まだ価格やリリース日は発表していませんが、Nuke版はサブスクリプションのみでノードロックライセンスが年間 $299です。

https://keentools.io/products/geotracker-for-after-effects?utm_source=youtube&utm_medium=demo&utm_content=gtae-beta-yt-demo&utm_campaign=gtae-beta

GeoTracker for After Effectsのオープンベータを紹介します。ほぼリアルタイムに3Dオブジェクトをトラッキングし、内蔵ツールのように使用することができます。主な機能は以下の通りです。

  • GeoTrackerは、カスタム3Dモデルを読み込み、トラッキングすることができます。
  • 立方体、円柱、平面、球体の4つの3Dプリミティブを内蔵しています。
  • トラッキングしたオブジェクトは3Dおよび2DのNullレイヤーとしてエクスポートでき、他のレイヤーとリンクしたり、Element 3D, Cinema 4D、パーティクルジェネレータなどに渡すことができます。
  • GeoTrackerは、映像の撮影に使用されたカメラが不明な場合に、カメラの焦点距離を推定することができます。
  • ほとんどの場合、私たちのプラグインは、反射やオクルージョンを気づかないうちに処理しています。難しいケースでは、問題のあるエリアをトラッキングから除外する2Dマスクに対応しています。

GeoTracker は現在オープンベータ版ですので、安定版をリリースするまでは完全に無料です。登録不要で、ダウンロード、インストール、そしてお楽しみいただけます。
ユーザーにとって最適な方法で製品を提供するためには、皆様からのフィードバックをお待ちしています。恥ずかしがらずに、あなたのアイデアやバグレポートを私たちに送ってください。

 

GeoTracker

GeoTrackerは、Adobe After Effectsに3Dオブジェクトのトラッキング機能をもたらすプラグインです。

通常はモーショントラッキングの専門家チームが必要な作業を、トラッキングのスキルを持たないVFXアーティストが短時間で行えるようになります。この技術はAfter Effectsのユーザーにも提供され、オブジェクトトラッキングを利用してモーショングラフィックスとデザインの新しいレベルに到達することができます。

 

直感的なモデル操作

ピンベースのアプローチにより、モデルを正確にコントロールしながら、3D空間に自然かつ簡単に配置、移動することができます。これらの操作は、ウィンドウやギズモを追加することなく、標準的な2Dビューポートで行えます。

 

焦点距離の推定とトラッキング

正確なトラッキングを行うためには、当然ながら正確なカメラ設定を知る必要があります。しかし、知らなくても心配はいりません。そこで、GeoTracker には、信頼性の高い焦点距離推定機能が追加されました。さらに、GeoTrackerはトラッキング中にも焦点距離を推定することができるので、焦点距離が常に変化する映像(ズームレンズが使用されているなど)でもオブジェクトをトラッキングすることができます。

 

オクルージョンに強い

オクルージョンは、3Dトラッキングを混乱させる主な問題の一つです。GeoTrackerはオクルージョンをうまく処理することができるので、ほとんどの場合、トラッキングの調整や修正について考える必要はないでしょう。しかし、非常に高度なケースのために、2Dマスクのサポートが追加され、問題のあるエリアをトラッキングから除外することができるようになりました。

 

ビルトインされたジオメトリプリミティブ

3Dオブジェクトのトラッキングには3Dモデルが必要ですが、缶や電話の画面のような単純な幾何学的形状のものをトラッキングする必要がある場合はどうでしょうか?平面 - スクリーン、壁、その他の平面、球 - ボール、頭、その他の球体、立方体 - 乗り物、箱、建物など、円柱 - ボトル、ロケット、コップなどです。

 

作り込んだような質感

3Dソフトの世界は多種多様で、新しいソフトを導入しようと思っても敷居が高いのは周知の事実です。このことを念頭に置いて、私たちは、最も直感的でネイティブな体験をユーザーに提供できるよう努力しています - 新しいインターフェースを学んだり、新しい素晴らしいボタンの名前やその場所を覚えたりする必要はありません。GeoTracker は、After Effects の初期から存在し、現在でもその主なセールスポイントである最高のビルトインツールのように、見た目も使い勝手も動作もよくなるように設計されています。

 

システム要件

  • Adobe After Effects バージョン 18.2 (2021)またはそれ以降
  • 64ビット版WindowsまたはmacOS(IntelまたはApple Silicon)

 

よくある質問

GeoTracker を After Effects にインストールする方法は?

インストーラパッケージをダウンロードし、起動するだけです。インストール作業を開始する前に After Effects を終了することをお忘れなく。

 

GeoTracker for After Effects のアップデート方法は?

新しいバージョンが出るとプラグインが教えてくれます。インストールパッケージをダウンロードし、旧バージョンをアンインストールせずにインストールすることができます。GeoTracker をインストールおよびアップデートする前に、After Effects を終了するのを忘れないでください。

 

GeoTracker を After Effects から削除する方法は?

macOS の場合:インストール パッケージを使用してインストールした場合は、アプリケーション/ユーティリティにあるアンインストーラ スクリプトを使用します。Windows の場合:インストーラを使用してインストールした場合は、「プログラムと機能」リストにあるエントリを探します。WindowsとmacOSで手動でインストールした場合は、ファイルを削除するだけです。GeoTracker をアンインストールする前に、After Effects を終了することを忘れないでください。

 

ここに書かれていないエラーが表示されるのですが、どうしたらいいですか?

エラーメッセージが GeoTracker のものである場合、エラーメッセージに記載されている指示に従ってください。After Effects のエラーの場合、お好きな検索エンジンで同様のエラーを検索してください。また、Adobe コミュニティで回答を探すこともできます。もし、解決しない場合は、私たちにご連絡ください。

 

アイデアやフィードバックがある

メッセージまたはこのフォームにご記入ください。

 

トラッキングに3Dモデルは必要ですか?

通常はそうですが、キューブ、スフィア、シリンダー、プレーンのプリミティブをプラグインに組み込んでいますので、簡単なケースではそのようなモデルを探す必要はありません。

 

カスタム3Dモデルでトラッキングできますか?

はい、Wavefront(.obj)、FBX、Collada(.dae)ファイルをインポートすることができます。

 

モデルはどの程度詳細であるべきですか?

より細かいモデルであればあるほど、より良いトラッキング結果を得ることができます。しかし、何万ものポリゴンを持つ3Dモデルは多くのリソースを必要とするため、バランスを取ることをお勧めします。

 

3Dモデルはトラッキングしたいオブジェクトに完全にフィットしていなければなりませんか?

理想的なケースではそうです。しかし、GeoTrackerは賢いので、立方体でも車を追跡することができます。ヒント:精度が重要でない作業には、ビルトインのプリミティブを使用してみてください。

 

GeoTracker でトラッキングを行うには、マーカーが必要ですか?

いいえ、そのようなものは必要ありません。しかし、マーカーがあった方が、追跡しやすい明確な特徴として機能するため、追跡結果を向上させることができます。

 

テクスチャが均一/不均一/特徴のない物体や、テクスチャが見えない物体もトラッキングできますか?

将来的にはエッジベースのトラッキングを追加する予定ですが、現時点ではフレーム内のオブジェクトは少なくとも何らかのテクスチャを持っている必要があります。

 

GeoTrackerはオクルージョンや反射している部分、透明な部分を扱うことができますか?

通常、問題ありません。しかし、より良い結果を得るためには、2Dマスクを使い、ビデオの紛らわしい部分をトラッキングから除外することができます。

 

トラッキング結果の使用方法は?

2D、3D Nullをエクスポートし、他のレイヤーをそれらにリンクさせることができます。結果セクションにあるGeoTrackerのTransformationやRotationパラメータに他のコンポジションパーツを直接リンクさせることができます。Element 3D, Cinema 4D, Stardustなどでも同じことができます。ぜひ、チュートリアルを見て、読んでみてください

参考資料

A Brief Disagreement

テンション高いアニメーションで面白い。Clip Studio Paint、After Effects、C4Dを使用して作成してるそうです。

CG News

Real Lens Flares for After Effects

レイトレースを使用したAfterEffects用のレンズフレアプラグインReal Lens Flaresがリリースされました。Real Lens FlaresはサブスクリプションライセンスのRed Giant Completeを契約すると使用できるようです。

https://www.maxon.net/ja/red-giant-complete/vfx-suite/real-lens-flares

 

REAL LENS FLARES

シミュレートされた光学モデルとレイトレースされた光に基づいたリアルなレンズフレアを作成できます。

 

レンズシミュレーションエンジン

Real Lens Flaresは、本物のレンズの光学特性をシミュレートし、ガラス内部で跳ね返る光線を計算して、美しい画像を作り出すエンジンを搭載しています。

私たちのシミュレーションの精度は、光源が画面上で移動するにつれて、動き、変形し、融合するレンズフレアを作成します。まるで本物を見ているような感覚になるでしょう。

 

無限のカスタマイズ性

レンズのほぼすべての特性を変更し、レンズフレアのルックを変更できます。絞りを開け、反射防止コーティングを調整し、センサーを動かし、あなたの写真にさらに輝きを加えましょう。

 

プリセット

Real Lens Flaresには、実際のレンズシミュレーションに基づいた数十種類の美しいプリセットと、独自のフレアを作成するためのスタイライズされたフレアとコアプロジェクションのセットが同梱されています。

 

絞りのコントロール

絞りを変更することは、ユーザーがフレアの外観を変えることができる最も劇的な方法の1つです。Real Lens Flaresでは、ブレードの数、曲率、ねじれなど、数え切れないほどの絞りのプロパティを変更して、フレアの外観を微調整することができます。

 

光のコントロール

Real Lens Flaresは、本物のカメラレンズのように、光の種類、位置、強さを設定すると、設定した露出をもとに、エンジンがリアルなフレアを計算します。

 

色のコントロール

フレアの光の色をコントロールできるだけでなく、アーティストがそれぞれのガラスのプロパティを編集して、そのガラスが作り出す反射の色も変更できるようになりました。反射の色は、フレアの色になります。

 

コアプロジェクション

レンズモデルを介して、また個別に制御することができるコアプロジェクションのセットです。

  • Glowball - ライトの周りにある露出オーバーのソフトゾーン
  • Starburst - 開口部によって引き起こされる星形の視覚的なアーチファクト
  • Single spike - レンズ全体にオイルが付着をエミュレート
  • Halo - レンズの傷や油分によって引き起こされる色相環状効果
  • Gate Flare - レンズ鏡筒の縁に当たった光がガラスを伝って跳ね返ってくる現象

 

テクノロジープレビュー

このリリースはテクノロジープレビューであり、私たちのアーティスティックコミュニティの参加によって進化していくものです。皆様からのフィードバックが、この全く新しいツールの未来を形作ることになります。

参考資料

OMEGA - QUALITY CAMPAIGN

モデリングもレンダリングも綺麗。アニメーションとレンダリグはC4Dっぽいですね。

CG News

Video Copilot Plug-inがAfter Effects 2022対応

Video Copilot Plug-inがAfter Effects 22.0に対応しました。マルチフレームレンダリングに対応しているようです。フリープラグインを含めアップデートされてます。

https://www.videocopilot.net/products/ae22/

 

After Effects 2022対応!

After Effectsの新バージョンでは、AEが複数のフレームを同時にレンダリングすることでレンダリングを高速化する「マルチフレームレンダリング」が搭載されました!

マルチフレームレンダリングに対応したプラグイン(無料プラグインを含む!)をアップデートしましたので、お知らせします。これらのアップデートは、今すぐ利用可能です。

 

Element 3D & Optical FlaresのUIスケーリング

4KモニターでUIを使用する際に、より大きなスケーリングをサポートするようになりました。

 

MFR パフォーマンスの利点

CPUに依存するプラグインは、AEがすべてのプロセッサコアで複数のフレームのレンダリングを開始できるようになったため、さらに高速化されます!

新しいレンダーパイプラインは、メモリを共有し、タスクを動的に分配してパフォーマンスを向上させるため、以前の方法よりもインテリジェントになっています。

もう一つの大きな改良点は、Element 3DやOptical FlaresのようなGPUにフォーカスしたプラグインで、すでにグラフィックカードを活用していますが、CPUがキーイングやモーションブラーなどの重いタスクを処理するのを妨げないので、プロジェクトのレンダリングがより速くなります。

CG News

AIを使用したAfterEffects用プラグイン

AIを使用したAfterEffects用プラグインを見かけたのでメモ。Depth Scannerはブラックフライデー25% Offセール中です。

Depth Scanner
https://aescripts.com/depth-scanner/
https://github.com/isl-org/DPT

Goodbye Greenscreen
https://aescripts.com/goodbye-greenscreen/
https://github.com/PeterL1n/BackgroundMattingV2

Blace
https://aescripts.com/blace/

 

Depth Scanner

自動深度推定のための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

視差マッピング

 

ポストエフェクトDoF

 

深度ベースのグレーディング

スライス効果

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用すると、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。プラグインのCPUバージョンは、解像度が大きくなると動作が非常に遅くなることに注意してください。

互換性

Depth Scannerは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2022以降で動作します。購入する前に、無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

制限事項

GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

 

Goodbye Greenscreen

背景マットとカラーキーイングのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

自動マスキング(v1.3の新機能!)

顕著な前景オブジェクトからマットを作成します。手動のクリーンプレート、色の選択、回転ブラシなどは必要ありません!

 

背景マット

ビデオときれいな背景からマットを作成します(ページの下部にあるこのテスト映像をダウンロードしてください!)

 

AIベースのカラーキーヤー

そしてボーナスとして、それは強力なクロマキーイングでもあります!

 

GPUサポート

CUDA 10.2以降をサポートするNVIDIAカードを使用するとパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

 

PremiereProの限定サポート

カラーキーイングとオートマスキングは、PremiereProで実行できます。

 

互換性

Goodbye Greenscreenは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020以降で動作します。無料トライアルを使用して構成をテストしてください。

 

制限事項

  • AIは主に人間をキーアウトするように訓練されているため、他のオブジェクトではうまく動作しない可能性があります。
  • 16ビットレンダリングはアーティファクトを生成する可能性があります。現在、解決策に取り組んでいます。
  • GPUモードはCPUモードほど安定していない可能性があります。

 

Blace

顔検出とぼかしのための人工知能ベースのAfterEffectsプラグイン。

 

使いやすいAIベースの検出

 

検出領域の制御と検出の除外

 

カスタマイズ可能なスタイル

 

検出サイズをカスタマイズする

 

PremiereProのサポート

制限された機能セット(制限されたマスキングワークフローとカスタムスタイルなし)を備えたPremiereProで実行されます

  • 完全な8 / 16- / 32ビットサポート
  • 検出を使用して他の効果を制御します(カスタムブラーなど)

 

互換性

Blaceは、現時点ではWindows専用のプラグインです。AE2020およびPP2020で実行されます。デモモードで構成をテストしてください。

 

免責事項

AIベースのソリューションは、手動によるアプローチよりも優れている可能性がありますが、予測できない結果をもたらす可能性もあります。
検出フレームワークは広範囲にわたってテストされましたが、場合によっては失敗する可能性があります。たとえば、フッテージの顔を間違えたり、似たようなオブジェクトを誤って検出したりします。

購入する前にプラグインをテストして、ユースケースで機能するかどうかを確認してください。特にBlaceをID保護に使用する場合は、その検出結果を検証する必要があります。

Tips

After Effectsで複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する方法

After Effectsで、複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する方法について書いてみます。

 

フレームレート情報を格納した動画ファイルの読み込みで問題になることは少ないかもしれませんが、CGのように連番ファイルを読み込む場合、意図したフレームレートで読み込まれない場合が多々あります。

読み込んだ複数のフッテージのフレームレートを一括で変更する場合は、コピーしたいフレームレートのフッテージを選択して右クリックメニューから「変換を記憶」を実行し、ペーストしたい複数のフッテージを選択して右クリックメニューから「変換を適用」を実行します。

フッテージを変換 / 変換を適用

 

フレームレートの変更手順。

 

たまに忘れてしまうので、メモ的に記事を残しておきます。

Tips

After Effectsのタイムラインでレイヤーを詰めて並べる方法

After Effectsのタイムラインで、レイヤーの長さでレイヤーを詰めて並べる方法を紹介します。コンポジションをループさせたい場合にタイムリマップを使用するとレンダリング時間が長くなるため、複製したコンポジションを並べたい場合に便利です。

 

After Effectsのタイムラインで、隙間が出来ないように各レイヤーの長さごときっちり詰めた状態で並べたい場合があります。

上の画像を、下の画像のようにレイヤーを階段状に、きっちり詰めて並べたい。

 

詰めてレイヤーを配置したい場合は「シーケンスレイヤー」を使用します。

アニメーション / キーフレーム補助 / シーケンスレイヤー

 

 

シーケンスレイヤーダイアログで「オーバーラップ」をONにしトランジションを設定すると、時間を指定してレイヤーがフェードするように設定することもできます。

 

たまに機械的にレイヤー並べたい場合があるのですが、毎回忘れちゃうのでメモとして記事にしました。

レイヤー構成や使用してるエフェクトによりますが、タイムリマップを使用してループすると毎フレーム計算されますが、コンポジションを複数並べた場合は、コンポジション単位でキャッシュされるのでタイムリマップよりレンダリングが速くなる場合があります。

Tips

After Effects ベータ版のインストール方法

After Effects のBeta版のインストールする場合は、Creative Cloud アプリから「ベータ版アプリケーション」のカテゴリを選択してインストールします。

 

After Effectsのベータ版では、削除された「複数フレームレンダリング」に変わるマルチフレームレンダリングが搭載されており、レンダリングの高速化を試すことができます(対応エフェクト以外のエフェクトを使用すると速度が低下します)。AE 2021よりは複数のCPUを使用してレンダリングしてる気がします。

ベータ版を試そうかと思ったときに、インストール方法に迷ったのでメモしておきます。

参考資料

Olav VFX Breakdown

一人で3ヶ月間、35Kドルの予算で制作されたらしいです。3ds Max、V-Ray、TyFlow、Phoenix FD、Forest Pack Pro、PF Track、Perception Neuron、Marvellous Designer、Metshape、After Effectsで制作されたとのことです。

CG News

Deadlineがライセンスフリーモードを10に拡張

レンダリング管理ソフトDeadline 10.1.15.2がリリースされました。今回のアップデートからライセンスフリーモード使用できるワーカーの数が2から10になり、使用制限が緩和されたようです。数台のPCでレンダリングするぶんには十分使えそうです。

https://docs.thinkboxsoftware.com/products/deadline/10.1/1_User%20Manual/manual/release-notes.html#deadline-release

改善点

  • ライセンスフリーモードで許可されるワーカーの数が、2から10に増えました。
  • Deadlineが、MongoDB 4.2をサポートするようになり、新しいRepositoryをインストールする際にMongoDB 4.2.12をインストールするようになりました。
  • ホワイトスペースを含むリポジトリパスにコマンドを送信すると、リモートコマンドの実行に失敗することがある不具合を修正しました。
  • アプリケーションロードバランサーの背後にある場合に、リモート接続サーバーがリクエストを受け付けないという問題を修正しました。
  • Env:<EnvVariable>フォーマットを使って、Deadline InstallersとDeadline Commandにパスワードを指定する機能を追加しました。
  • Free on AWSのライセンスに、GovCloudや中国を含む追加のAWSリージョンのサポートを追加しました。
  • .NET Coreをバージョン3.1.113にアップグレードしました。
  • PATH環境変数を上書きした場合に、DeadlineSandboxが失敗するバグを修正しました。
  • 1台のマシン上で同時に実行できるリモート接続サーバは最大1台に強制しました。
Tips

After Effectsでフォルダ内の複数のシーケンスを読み込む方法

After Effectsで複数のシーケンスを読み込む便利スクリプト「ST_Smart Import」を紹介します。

After Effectsで画像シーケンスを読み込む場合、ファイルメニューの「読み込み」、またはWindows エクスプローラからフォルダをドラッグすることが多いんじゃないかと思います。

 

フォルダをドラッグ アンド ドロップでシーケンス読み込み

画像シーケンスが入ってるフォルダを、プロジェクトにD&Dすると画像シーケンスを読み込むことができます。

 

しかし、フォルダ内に複数種類のシーケンスが含まれている場合は最初のシーケンスしか読み込むことができません。

 

ST_Smart Import

ST_Smart Importを使用すると指定したディレクトリ内のシーケンスを一度に読み込むことができます。

https://www.aenhancers.com/viewtopic.php?t=2479

 

ST_Smart ImportはAfter Effectsに標準で入ってるSmart Import.jsxを強化したスクリプトで、いくつか機能が強化されてます。

  • 読み込むシーケンスのフレームレート指定
  • 重複したシーケンスの読み込みをスキップ
  • フォルダ内の複数シーケンスの読み込みに対応

 

インストール方法

ダウンロードしたファイル「ST_Smart Import - v1.2.jsx」をAfter Effectsの「Scripts」フォルダにコピーするとします。

C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CS6\Support Files\Scripts

「スクリプトを実行」から毎回ファイルを指定する方法もありますが、「Scripts」フォルダにコピーするとスクリプトがメニューにリストされるようになります。

 

歯抜けシーケンスを読み込む

歯抜けシーケンス(見つからないフレーム)を詰めて読み込みたい場合は、読み込みの「アルファベット順にする」に該当するオプションをスクリプトの143行目に追加します。ただし、このオプションを使用すると、読み込んだシーケンス名にフォルダ名が使用されます。

importOptions.forceAlphabetical = true;

 

 

 

3Dソフトでは同じディレクトリに複数のシーケンスを保存する場合があります。ST_Smart Importを使用すると、複数のフォルダ、同じフォルダ内の複数のシーケンスを一度に読み込むことができるので便利です。

より高度な読み込みがしたい場合には、有料のスクリプトを使用するのがいいかも知れません。

https://aescripts.com/immigration/

 

ちなみに、1つのフォルダ内の複数シーケンスに限ればファイル読み込みダイアログで「複数シーケンス」オプションを使用することもできます。