参考資料

参考資料

Chrome拡張機能のGIFプレーヤー「GIF Scrubber」

Animation ResourcesさんでアニメーションGifをシークできるChrome拡張機能「GIF Scrubber」が紹介されてたので使ってみました。
アニメーションGifをビデオプレイヤーのように一時停止したり巻き戻したりできます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/gif-scrubber/gbdacbnhlfdlllckelpdkgeklfjfgcmp

 

概要

GIF scrubberは、アニメーションGIFのムービープレーヤーのようなものです。速く再生したり、遅く再生したり、逆に再生したり、スクラバを使って前後に移動したりすることができます。

  • GS 4.0の新機能。これまで以上に高速になりました!
  • Imgur と Gfycat のリンクをサポートしました
  • 新しいダークデザインで見やすくなりました
  • GIFスクラバーがオープンソースになりました
    https://github.com/0ui/gif-scrubber

 

使い方

Gif画像やリンクを右クリックして「GIF Scubber」を選択するとプレーヤーが開きます。

 

 

 

このサイトでは手軽に画面キャプチャできて便利なScreenToGifを使用しています。Gifなので操作手順がわかりづらい場合があるかもしれません、そんな時は「GIF Scrubber」を使うと便利かもしれません。

参考資料

Summer Yeti

デフォルメ具合がステキ。

 

参考資料

アニメ背景を生成するAI「Anime Art Painter」

Deep Learningを用いてアニメ用の美術背景を生成する新サービス「Anime Art Painter(アニメ アート ペインター)」がリリースされています。

写真が元だと情報量が多くてイラストっぽく見えないですね。バイラテラルフィルタと似た印象ですね。

https://ja.cre8tiveai.com/aap

 

Anime Art Painter で美術背景を生成した事例

 

4種類のアニメ美術背景をすべて提供します

Anime Art Painter は、1枚の画像から4種類の美術背景を生成します。アニメでよく使われるような水彩風で2種類、ベタ塗りに近いアニメ風で2種類を生成します。生成した画像はすべてダウンロードすることができます。

 

開発の背景

RADIUS5 は「人の創造性を最大化する」をビジョンに掲げて、クリエイティブやエンタメに関連するAIを提供するスタートアップ企業です。これまで、漫画家のために線画を生成するAIやゲーム業界のためにキャラクターを生成するAI、アニメ業界のために映像を高画質に変換するAIなど、エンタメ業界の課題を解決するために様々なAIを開発して参りました。

今回リリースしたAnime Art Painter は、制作工数が逼迫するアニメ業界で活用いただくことを目的に開発をしたAIです。現在アニメ業界では制作が2年待ちとも言われるくらい制作が逼迫しており、特にアニメの背景を描く人材の不足に悩まされています。背景が出来上がっていないために制作のスケジュールを調整せざるを得なくなったプロジェクトなどもあり、業界全体の大きな課題の一つになっています。
そういった状況を踏まえて、AIでアニメ制作の課題を解決するために開発したのがAnime Art Painter です。

また、アニメだけではなく、イラストや漫画、ウェブトゥーン、ゲーム、デザイン用途などでの利用も見込んでいます。

Anime Art Painter 3つの特徴

(1) 4種類のアニメ調の背景を提供

Anime Art Painter では、1回のAIの処理で4種類のアニメ調の背景を生成します。最近のアニメによく使われるような水彩調とベタ塗りに近いアニメ調の2種類を生成します。さらに、エッジが強調されるようなフィルタ処理をかけて、よりアニメらしい表現に近づけたものを2種類生成し、合計4種類を一度に創り出します。

(2) 30秒で生成

Anime Art Painter は、画像をアップロードしてから約30秒程度でアニメ背景を生成します。Anime Art Painter と同じ背景を制作するために、背景絵師の方が手書きで描いた場合、一般的には数時間から数十時間の時間がかかります。また、写真加工ソフトの利用に習熟している人が作業した場合でも30分以上の時間がかかります。
Anime Art  Painter は、写真をドラッグアンドドロップして30秒程度待つだけでアニメ風の背景に変換できます。アニメ背景の生成が早いことはもちろんですが、デザイナーでない人でも簡単にアニメ背景を作ることができます。

(3) 圧倒的なコストパフォーマンス

アニメの美術背景をアウトソースすると、一般的には手作業の場合は数日程度の納期と数千円から数万円の予算が必要です。Anime Art Painter では、月額無料のエントリープランの場合、480円で4種類のアニメ背景を生成することができます。サブスクリプションに加入している場合は、10クレジットで利用することができ、ライトプランで実質240円、プロプランで実質99円、メガプランで実質80円で利用することができるので、アウトソースと比較すると圧倒的にコストパフォーマンスが高くなります。
※サブスクリプションでは、各プランごとに毎月の支払金額と付与されるクレジットの量が異なるため、実質的な金額が変わります(上位プランに加入するほどボリュームディスカウントがあります)。

Anime Art Painter の概要

技術について

Anime Art Painter はAI技術(Deep Learning)を用いて独自に研究・開発したRADIUS5のオリジナルのサービスです。Anime Art Painter は、写真のテクスチャを簡略化し、 アニメやイラストに使われるような画風に変換する処理を行っています。 単にテクスチャを簡略化するだけでなく、建物、植物、乗り物など 物体に応じたテクスチャに変換することができます。 また、色合いを調整してエッジを乗せる技術も開発したことでよりアニメらしい表現ができるようになりました。

Anime Art Painter の仕様について

出力数 : 4種類(選択不要で、すべてダウンロードできます。)
解像度 : 長辺が1920px になるように拡大・縮小して出力します
出力ファイル形式 : PNG
入力ファイル形式 : JPEG, PNG, WEBP, BMP

 

PRICE

アニメ背景を生成して、クオリティを確認するところまでは無料でご利用いただけます。生成されたアニメ背景にはウォーターマーク(透かし)が入っているので、ウォーターマークが入っていないアニメ背景をダウンロードするにはエントリープランの場合480円、その他のプランの場合は10クレジットが必要となります。

  • エントリープラン(月額利用料無料):アニメ背景 4 種類480 円
  • ライトプラン4,800円/月:アニメ背景 4 種類10 クレジット
  • メガプラン月額利用料80,000円/月:アニメ背景 4 種類10 クレジット
参考資料

Houdini Solaris USDワークフロー : USDの概要と利点

Houdini(Solaris)を使用したUSDの利点や出来ることを解説した動画が公開されています。USDやHydraの基礎的な部分も紹介されてるので、USDって何?という場合に見ると参考になるかも。

 

こちらの動画では、USDの概要とUSDを使用する利点やHoudini(Solaris)で出来ること、Hydra Render DelegateとKarmaレンダラーの概要を紹介し、動画の後半では、USDの専門用語について併せて紹介しています。

参考資料

UnityがSpeedTreeのIDVを買収

UnityがSpeedTreeの開発元であるIDVを買収しました。ゲームエンジン界隈で買収競争が起きてそうですね。

https://blog.unity.com/news/speedtreer-creator-interactive-data-visualization-inc-idv-joins-unity

 

Unityは、建築、ゲーム、ビジュアルエフェクト、リアルタイムシミュレーション向けの植生モデリングおよび環境作成製品であるSpeedTreeスイートのメーカーであるIDV社を買収しました。

近年、Unityで作成される世界は飛躍的に複雑化しています。多くのUnityクリエイターが、大規模で複雑、かつリアルな世界を体験したいと考えています。木や葉は、そのような世界に不可欠な要素です。
SpeedTreeは自然で有機的な見た目の植物を環境に素早く効率的に追加したい人にとって、最高のソリューションを提供すると信じています。

SpeedTreeの技術はインディーズからAAAまでのゲーム業界、メディアやエンターテイメント、建築物のビジュアライゼーションプロジェクトなどで、すでに広く使われています。
SpeedTreeは、かなり以前からUnityのエコシステムの重要な部分を占めており、今回の買収により、SpeedTreeのUnityポートフォリオへの統合が強固になり、クリエイターがプロジェクトに有機的な要素を追加することがより容易になります。

SpeedTreeのポートフォリオ(SpeedTree Modeler、SpeedTree Engine、SpeedTree Games SDK)は、強力なプロシージャルツールとハンドモデリングツールを用いて、ビジュアルクリエイターが独自のアーティスティックなビジョンを実現する手段を提供します。
また、SpeedTree Libraryには、樹木や葉物が豊富に用意されており、クリエイターは、自然な雰囲気のアセットをすぐに追加することができます。

 

アーティストのためのチューニング

SpeedTree Modelerは、プロシージャルな植生モデラーであり、あらゆる種類の樹木や葉を作成、修正することができます。タブレットやマウスを使ってモデラーに「描く」だけで、独自の樹木や枝の構造をデザインすることができます。

 

今後の展開

現在SpeedTreeをご利用のお客様は、現在と同じレベルの品質とサポートを期待できます。VivoxやMultiplayを含む多くのUnity製品と同様に、SpeedTreeのツールやすぐに使えるコンテンツの豊富なライブラリは、どのような開発環境でもクリエイターに提供し続けることができるようにエンジンに依存しません。

今のところSpeedTreeやUnityの顧客には何の変化もありません。長期的なメリットとしては、Unityのエコシステムへの統合が進み、製品間のワークフローが改善されます。

スピードツリーが生成したアセットは、UnityのScriptable Render PipelinesやTerrainシステムとシームレスに動作します。
今回の買収により、ユニティのアーティスト・オーサリング・ワークフローと環境作成機能が強化され、あらゆる業種のユニティ制作者が利用できるようになります。

今後も、ユニティとインタラクティブ・データ・ビジュアライゼーションの最新情報にご期待ください。

参考資料

EpicGamesがSketchfabを買収

EpicGamesがSketchfabを買収したようです。買収にともないSketchfabストア手数料を12%に引き下げ、Sketchfab Plusが無料化が発表されています。

EpicGamesはArtStationCapturingRealityQuixelShave and a HaircutTwinmotionなど、2019年頃から様々な技術やサービスを積極的に買収してますね。

https://sketchfab.com/blogs/community/sketchfab-is-joining-the-epic-games-family

 

約10年前、私たちはウェブを通じて3DコンテンツにアクセスできるようにするためにSketchfabを立ち上げました。
最初のウェブベースの3Dプレイヤーを市場に投入し、3Dコンテンツの公開と検索のための主要なサービスの一つとなりました。
現在、私たちのコミュニティは500万人の規模となり、私たちは共に成し遂げたことを誇りに思っています。この場を借りて、コミュニティ、お客様、パートナー、投資家、そしてチームに感謝したいと思います。

私たちは、Epic Gamesと密接に協力しながら、同じミッションとビジョンを持つ独立したブランドのサービスを維持していきます。
今年の初めにEpic MegaGrantを通じてEpicとのコラボレーションを開始しましたが、この取り組みをさらに加速させたいと思っています。
また、RealityCaptureやArtStationなど、Epic Gamesの様々な製品と既に統合されています。あらゆる制作ツールや3D/VR/ARプラットフォームとの統合を維持・拡大していきますので、どこでも簡単にSketchfabにアップロードしたり、Sketchfabからインポートしたりすることができます。

 

販売者様への低価格化

Sketchfabのサービスをクリエイターにとってより有益なものにするという共通の目標の一環として、私たちはSketchfabのストア手数料を12%に引き下げ、直ちに有効とします。

 

Sketchfab Plusが無料

また、Plusプランのすべての機能を無料化します。これにより、より多くのアップロードやより大きなファイルサイズを無料でご利用いただけます。現在Plusプランをご利用のお客様は、追加料金なしで自動的にProプランにアップグレードされますが、ご希望の場合は無料にダウングレードすることも可能です。
また、Proプランの月間アップロード回数を30回から50回に増やしました。
最後に、ビジネスプランを廃止し、現在ビジネスプランをご利用のお客様には、追加料金なしでエンタープライズレベルの機能をご利用いただけるようになります。

皆さんと一緒にこの次の章を進めることを楽しみにしています。

ありがとうございました。

アルバン
共同創業者兼CEO

参考資料

MEGA TV IDENTS

 

パーティクル綺麗。

参考資料

Triplanar kHellstr for Modo

Modo用のTriplanarアセットが公開されています。非商用は無料です。

https://khellstr.gumroad.com/l/JwEkf

TriplanarはXYZの3軸方向から異なる画像をマッピングする手法です。キューブプロジェクションに似てますが、各画像が徐々に透明にブレンドされるので、プロジェクションの切れ目が目立ちにくいという物です。UV展開せず手軽に切れ目のないマッピングを適用できるので、一部で人気のあるマッピング手法のようです。

私が最初に見かけたのはVrayフォーラムでしたが、今はArnoldMariなどにも搭載されてるみたいですね。modoにはテクスチャー リプリケーターもありますが、建築系のようなタイリングテクスチャを使用したい場合はTriplanarが便利かもしれません。

 

 

概要

Modo用のTriplanar Texture Projection Assemblyです。使い方はビデオをご覧ください。

// 非営利目的であれば、無料で使用できます。もしそれでお金を稼いだら、何かを支払ってください 🙂