LightWave

参考資料

Deep Fx WorldがすべてのLightWaveプラグインの販売を終了

Deep Fx Worldが、Deep FX StudioとすべてのLightWaveプラグインの販売を終了をアナウンスしました。LightWaveが更新されなくなりユーザーが減ってしまったのが原因とのことです。意欲的に開発してたのに軌道に乗らなかったのは残念ですね。

https://www.deepfxworld.com/news_article.php?id=171

 

End Of the Road

2022年6月17日

大変悲しいことですが、これを書かせていただきます。Deep Fx Worldは、Deep FX StudioとすべてのLightwaveプラグインの販売を終了することになりました。理由は簡単で、現在の経済情勢と、いくつかの製品が人気を得られなかったことが、この決定の原因です。
このベンチャーはLightwave 3Dから始まりましたが、それは追って通知があるまで販売中止となったようです。その顧客層が減ってしまったということです。Deep FX Studioに関しては、そのアイデアが伝わらず、販売が軌道に乗らなかったのでしょう。

この決定は急いだものではなく、1年以上状況を見守り続けてきましたが、何も改善されていません。これは最終的な決起集会でもなければ、直前の購入の呼びかけでもありません。Deep Rising FXは200人近い顧客を抱え、その多くが複数回アップグレードするなど、本当によくやったと思います。しかし、残念ながらそのプラグインも終焉を迎え、どのような方向に進んでいくのか、私には本当に見えません。最後のバージョンは堅実であり、作られたすべての約束を果たしました。

ウェブサイトは未定で機能し続ける予定です。私はまだこの分野と仕事に情熱を持っています。結局のところ、それは私の趣味であり、それはおそらくしばらくの間続きます。Deep FX Studioの試用版は、まだどうするか決めていないため、そのままにしておきます。部分的にはオープンソースにするかもしれませんが、残念ながら、毎日使っている私の個人的なコードベースとつながっているため、全体をオープンソースにすることはできません。
しかし、今日から現在の製品の販売は一切行いません。できれば他のことに移行するつもりですし、もう力を入れていない製品でお金を取り続けるのは無責任なことです。

これまで楽しく、エキサイティングな時間を過ごさせていただきました。

CG News

Deadlineがライセンスフリーモードを10に拡張

レンダリング管理ソフトDeadline 10.1.15.2がリリースされました。今回のアップデートからライセンスフリーモード使用できるワーカーの数が2から10になり、使用制限が緩和されたようです。数台のPCでレンダリングするぶんには十分使えそうです。

https://docs.thinkboxsoftware.com/products/deadline/10.1/1_User%20Manual/manual/release-notes.html#deadline-release

改善点

  • ライセンスフリーモードで許可されるワーカーの数が、2から10に増えました。
  • Deadlineが、MongoDB 4.2をサポートするようになり、新しいRepositoryをインストールする際にMongoDB 4.2.12をインストールするようになりました。
  • ホワイトスペースを含むリポジトリパスにコマンドを送信すると、リモートコマンドの実行に失敗することがある不具合を修正しました。
  • アプリケーションロードバランサーの背後にある場合に、リモート接続サーバーがリクエストを受け付けないという問題を修正しました。
  • Env:<EnvVariable>フォーマットを使って、Deadline InstallersとDeadline Commandにパスワードを指定する機能を追加しました。
  • Free on AWSのライセンスに、GovCloudや中国を含む追加のAWSリージョンのサポートを追加しました。
  • .NET Coreをバージョン3.1.113にアップグレードしました。
  • PATH環境変数を上書きした場合に、DeadlineSandboxが失敗するバグを修正しました。
  • 1台のマシン上で同時に実行できるリモート接続サーバは最大1台に強制しました。
CG News

EmberGenFX for OctaneRender ベータ版リリース

EmberGenFX for OctaneRender ベータ版がリリースされました。OctaneRenderサブスクユーザーはベータ期間中無料で利用できるようです。EmberGenFXとOctaneRender の統合バージョンの価格やリリース日は発表されてませんが、JangaFXによると標準のOctaneRenderサブスクリプションの有料アドオンになるらしいです。

レンダリング品質がいいですね。元NewTekでLightWaveの開発に携わってたLinoがデモビデオを公開してます。

https://render.otoy.com/forum/viewtopic.php?f=7&t=75386

 

EmberGenFXスタンドアロンの完全な商用ライセンスが追加料金なしで利用可能になりました。パブリックベータ期間中のすべてのOctaneRender 2020サブスクライバーが利用できます。

最終リリース時に、OTOYサブスクライバーはEmberGenFX(およびその後のLiquiGenFX)をBlender、Maxon Cinema 4D、3DS Max、Maya、Unity、Unreal、NukeなどのすべてのOctaneRender DCCプラグインに直接統合する機能を備えた、完全なEmberGenFXスイートにアップグレードするオプションを利用できます。

EmberGenFXパブリックベータ機能

  • リアルタイムの反復モーショングラフィックスワークフローとゲームボリュームに関する中間ベーキングプロセスをバイパスする、プロシージャルベースのパーティクルと流体シミュレーション
  • すべてのOctaneRender DCC統合で使用するVDBファイルとしてエクスポート
  • イメージシーケンスとボリュームのVDB、PNG、TGA、EXRエクスポートのサポート
  • シミュレーションおよびアニメーションキーフレーミング中に、EmbergenFXビューポートで完全にインタラクティブなリアルタイムレイマーチボリューム

 

更新履歴

  • 実験的なGPUパーティクル。GPUパーティクルが基礎となるシミュレーションデータを使用して移流される新しいレンダリングモード。単独で使用することもハイブリッドモードでボリュームレンダリングと一緒に使用することもできます。
    このモードは不安定で、一部の機能が不完全である可能性があります。ボリュームノードのGPUパーティクルにアクセスするには、レンダリングモードのドロップダウンでGPUパーティクルを選択します。「GPUP」で始まるプリセットは、これらの新しいGPUパーティクルを使用することを意味します。
  • イメージをエクスポートするためのアルファブレンディングが改良されました。描画モードは、SettingsではなくCaptureノードに表示されるようになりました。
    また、Straight Alphaモードには、透明な背景カラーの基本的な塗りつぶし形式があり、描画後のカラーは以前よりもわずかに良くなっています。
  • 個々のウィンドウのサイズを変更できるようになりましたが、レイアウトはまだ変更できません。
    ビューポートのサイズを変更すると、レンダターゲットのサイズのプレビューが表示されます。これは、ビューポート内直接スクリーンショットまたは記録機能を使用したときに生成されるイメージのサイズになります。
  • 書き出しモードでは、カメラは操作できなくなりました。
  • 基本的なログシステムを追加しました。毎日エンコードされるログは、「ログ」フォルダに表示されます。
  • 基本的なタイルレンダリングが追加されたため、長いレンダリングを実行してもUIの停止が少なくなり、最悪の場合、時間がかかりすぎてOSがドライバを強制的にクラッシュさせて回復させるためにクラッシュすることがなくなりました。
  • すべての書き出しイメージノードが完了したら、シミュレーションを一時停止するオプションを追加します。
  • EmberGenFXの起動時に更新された有効期限をチェック
  • タイムラインのズーム機能の改善
  • ノードグラフの相互作用の改善
  • ウィンドウタイトルのリフレッシュレートが向上しました。
  • 合計19の新しいプリセットが追加されました。
CG News

LightWave 3D 2020 リリース

LightWave 3D 2020がリリースされました。OpenVDBの機能追加とモバイルデバイスでレンダリング監視するアプリが面白そう。
SDKも更新されシミュレーションシステムの統合管理など、サードパーティー製のシミュレーション間で連携できるような仕組みが追加されてるようです。
https://www.newtek.com/lightwave/2020/features/
https://docs.lightwave3d.com/lw2020/new-to-2020

Newtekのフォーラムではバージョンアップ内容に対して価格が高いのではないかとネガティブな意見が目立ちます。機能紹介の動画追加されるかと思って見てましたが、特にページも更新されてないですね。

続きを読む

参考資料

Sturgill Simpson - Sing Along

映像制作は神風動画だそうです。セル系の映像はキャラは3Dになってもエフェクトは手描きが残りそう。

CG News

LightWave3D 2019.1リリース

LightWave3D 2019.1がリリースされました。今年の4月にNewTekがVizrtに買収されたため、今後の開発がどうなるか不安でしたが開発が継続してるようです。
https://blog.lightwave3d.com/2019/07/lightwave-3d-2019-1-is-available-now/

 

ワークフローの向上

モデラーの機能強化

レイヤーパネル
  • ウィンドウの名前変更はサイズ変更可能
  • 右クリックして選択したようにレイヤーをフリーズ/フリーズ解除します
  • リストモードでの簡単な挿入/交換レイヤーオプション
  • オブジェクト行の目のアイコンをクリックすると、レイアウトに表示されているすべてのレイヤーが選択されます。

 

頂点マップパネル
  • パネル上部に名前フィルタフィールドを追加
  • 新しい右クリック機能:マップ内のすべてのポイント、エッジ、またはポリゴンに対して[マップ別 ]を選択
  • 削除で、同じ種類の複数のVMapを一度に削除できるようになりました

LayoutとModelerの新しいナビゲーションオプション

  • ホットキー、マウス、スクロールホイールを組み合わせた新しいゲームスタイルのナビゲーションモード。ビューポート内での移動、ビューの調整、およびシーンの再生ヘッドの移動を行います。
  • ナビゲーションパネルから代替の制御対象とスタイルを変更できます。

 

レイアウトパネルのリストペイン改善

多くのパネルの「ツリースタイル」リストペインにさまざまな新しい機能が追加されました。ビューのカスタマイズ性が向上し、ドラッグアンドドロップの並べ替えや階層の調整が簡単になります(シーンエディタ、グラフエディタ、キー設定など)。

 

強化されたコンフィグ管理

  • LayoutとModelerは両方とも別々のKeyとMenu設定ファイルを持っています
  • アプリが設定のクリアを要求するときは、LW2019.1.cfg、LWM2019.1.cfg、Extension Cache-64、およびLWHUB2019.1.cfgのみを削除して再構築する必要があります。カスタマイズされたホットキーとメニューを保存できるようになりました
  • Reset Configsコマンドプラグインは、カスタマイズされたホットキーとメニューを維持しながら、前の項目で言及されたファイルをクリアします

 

VPR

レイアウトウィンドウの下部に追加されたオプションのプログレスバー。複数のビューポートがVPRに設定されている場合、プログレスバーは複数のバーに分割され、VPRに設定されている各ビューポートのバーが表示されます。

 

新しいOpenGLビューポートオプション

グリッド、モーションパス、カメラ、ライト、ボーン、ヌルアイコンなど、レンダリング不可能なすべての要素を非表示にします。

 

LightWaveネットワークレンダリングコントローラ

  • シーンファイルはNRCの下のウィンドウにドロップできるようになりました。
  • ノードピックアップを使用すると、インターネット上の任意の場所にあるマシンにアクセスするためのIPアドレス(v4またはv6)を入力できます。

 

機能強化

Unreal EngineへのLightWave ブリッジ

  • Unreal Bridge用の新しい赤、緑、青チャンネルのサポートを追加しました。
  • 小さなオブジェクトが多いシーンのメッシュ送信のパフォーマンスが向上しました。

 

FBXインターチェンジの機能強化

  • Interchangeパネルに転送モード用の2つのオプションがあります。あなたは、どちらかの資産を追加したりアニメーションを交換できます。アセットの追加は以前からのデフォルトの機能でしたが、アニメーションの置き換えは新しい機能で、すでにアニメーション化されているアイテムの上にアニメーションを転送するために使用します。
  • 完全なシーンまたは個々の要素を一方の側からもう一方の側にドラッグアンドドロップできます。
  • FBXインターチェンジを使用してマテリアルをPrincipled BSDFとしてインポートすることができます。

 

ノードエディタ

ImageとImage Sampler Nodeはスカラー出力としてRed / Green / Blue / Alpha / Lumaを提供します。

 

OpenVDBの機能強化

  • Mesh To Volumeノードは入力メッシュの頂点からパーティクルシステムを作成できます。
  • ソルバーとガスソルバーは、スタティックコリジョン用のレベルセットグリッドに加えて、ダイナミックコリジョン用の速度グリッドを受け入れるようになりました。

 

フィジカルスカイの強化

  • Physical Skyバックグラウンドシェーダは、柔らかくなった水平線を使用するようになりました。
  • Physical Skyはグラウンドを含みます。地面はアルファチャンネルで[環境]リストの[Physical Sky]の上に配置されている項目で色付けできます。

 

セルシェーダの機能強化

新しいCel Integratorはライトカラーをサポートしますが、LightWave 2015とは異なります。グラデーションはライトごとに個別に評価されます。これにより、セルシェーディング用のライト単位のバッファが可能になります。

 

Pythonの機能強化

  • LightWaveにインストールされたPythonはv2.7.16になりました。
  • PCoreコンソールはMark IIにアップグレードされました。
CG News

Epic Gamesが「Shave and a Haircut」を買収

Epic Gamesがヘアー&ファープラグイン「Shave and a Haircut」を買収したようです。数週間以内にMayaプラグインと関連シェーダのソースコードとコンパイル済みバイナリの両方を利用できるようにする予定とのこと。
https://www.unrealengine.com/en-US/programs/shave-and-a-haircut/shave-and-a-haircut-v9-6-for-maya

Shave and a HaircutはLightWave、Maya、C4D、XSI、3dsMaxと、当時としては珍しいマルチプラットフォーム展開したヘアープラグインとして有名でした。しかし、米国で取得した特許によりMaya用のヘアープラグインYetiを米国での販売を禁止したり、Disneyがオートデスクにライセンス供与した XGenを訴えるなどの問題もあったようです。Epicの買収によって、この特許の問題がどう変化するのか注目です。
http://www.cgchannel.com/2012/05/yeti-fur-plugin-will-not-be-sold-in-the-us/

Shave and a Haircutは、Arnold、RenderMan、およびV-Rayでのオフラインレンダリング用シェーダを使用した、髪と毛皮用のインタラクティブなグルーミングおよびスタイリングツールです。現在はAutodesk Maya用のv.9.6プラグインとして製品化されています。

Epic GamesはShave and a Haircutを買収し、今後数週間以内にv9.6 Mayaプラグインと関連シェーダのソースコードとコンパイル済みバイナリの両方として利用できるようにする予定です。これらは、Unreal Engine 4 EULAの下で誰もが自由に使用できます。

参考資料

『L.S』Pilot Film

YAMATOWORKSさんが『L.S』のパイロットフィルムと、ブレイクダウンビデオを公開しています。元は2016年に公開されてたもので、2018年公開予定だったものですね。

FORCE OF WILL株式会社が運営するトレーディングカードゲーム「Force of Will」のアニメーションプロジェクト「Force of Will the Movie」。その第1弾となる、クトゥルフ神話をモチーフにしたアニメ「L.S」のパイロット映像。

「Force of Will the Movie」は『Force of Will』のコンセプトを引き継いだ約15分の短編アニメーション6作品から構成される、オムニバス長編映画(約90分予定)です。『Force of Will』の世界観同様、民話や神話、童話をベースとし、6つの異なるテイストのエンタテイメント作品になります。

CG News

LightWave 2019 リリース

LightWave 2019 がリリースされました。目を引くのは有料プラグインだったMetamorphicの統合、Unreal Engineブリッジ、FBXへの対応強化、UV機能の強化でしょうか。

USメーカー希望小売価格 $995で発売中。LightWave 3Dの過去バージョンの登録所有者は、2019年3月31日までの間$395でアップグレード可能とのことです。
https://www.newtek.com/lightwave/2019/

チュートリアル
https://www.newtek.com/lightwave/2019/tutorials/

VDBがC4Dのようにメッシュのブーリアンができたり、ガスソルバが追加されて流体計算っぽいことができるようになってるのも凄い。

 

続きを読む

CG News

LWCAD 2018 for LightWave リリース

LWCADの最新版がリリースされたみたいです。
https://sites.google.com/view/lwcadmanual/lwcad-5-0/4-changelog/lwcad-2018-new-features

価格

  • 新規購入:LWCAD 2018 FULL:299 EUR or 349 USD
  • LWCAD 5からLWCAD 2018アップグレード:149 EUR or 175 USD
  • LWCADからLWCAD 2018アップグレード4:225 EUR or 259 USD

 

新機能

トライアルモード

新しいトライアルモードでは、LWCADを30日間完全にロック解除できます。トライアルモードで実行するにはインターネット接続が必要です。

オプションパネル マウスウェイトと角度ステップ

ハンドルの重みや角度を調整する際のマウスの感度を定義する新しいパラメータ。

ポップアッププリセットシステム

前方互換性と後方互換性を備えた新しいプリセットシステム。ファイル形式:XXX.lwcad

自動UCSコーナー

自動UCS初期化のための新しいコーナーモード

 UCS定規

寸法はUCSのX軸とY軸に投影されます

スナップパネルスナップボタン

スナップを有効または無効にする

新しいツール

ウィンドウを作成するための新しいパラメトリックツール。オブジェクトをカーブ、ポリゴン、NURBSから作成できます。

  • カスタムのサイズとパラメータに新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • 基本形状タイプ(長方形、アーチ、三角形)
  • カスタムインナー
  • アウターフレーミングと敷居
  • カスタムエッジとコーナー
エッジからレール

既存のジオメトリを選択して手すりを作成するための新しいパラメトリックツール。

  • カーブセグメント、ポリゴンエッジ、NURBSの選択を使用
  • 新しいポップアップ プリセットシステムを使用
  • レールは5つのオプションのレイヤーから組み立てられます:レール、サブレール、ポスト、サブポスト、フィリング
  • すべてのプロファイルは、カーブ、押し出された長方形、円のプロファイルで作成できます。
手すり

ラインツールに基づく新しいレールツール。

更新されたツール

階段

新しいレールのプリセット、レールツールのレールプリセットを階段オブジェクトに直接構築

プロフィール
  • ポリゴンとNURBSモードが同期
  • 新しいハンドル配置モード:セグメント端、コーナー端、レール端
  • プロファイルを地面に合わせるための新しいモード
  • 新しいパラメータの表示プロファイル シーシス
 Rect UV&Quad UV

新しい「Rect UV Linked」パラメータを使用すると、UVマップサイズでリンクまたは長方形のサイズを有効/無効にすることができます。

  • UV寸法の新しいポップアップ プリセット
長方形、ボックス、Windoor、直角屋根、直角階段と壁
  • サイズの新しいポップアップ プリセット
ナイフ
  • 新しいオプションのマルチ ブレードモード(ブレード距離のためのプリセット付き)
Tips

TurbulenceFDのキャッシュをVDBに変換する方法

LightWaveやCinema4D用のフルードダイナミクスプラグイン TurbulenceFD のキャッシュファイルをVDBに変換する方法について書いてみます。

今まで気がつかなかったのですがTurbulenceFD v1.0 Build 1422(2017-03-23)からbcf2vdbコマンドラインユーティリティが追加されました。bcf2vdbはTurbulenceFDのキャッシュファイル.bcfを.vdbに変換するツールです。このツールはプラグインの圧縮ファイルに含まれているので最新版をダウンロードしてみてください。

変換方法
  1. コマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトウィンドウに bcf2vdb.exe をドラッグアンドドロップします。
    ドラッグアンドドロップすると、コマンドプロンプトにbcf2vdb.exe へのパスが表示されます。
  3. スペース キーを押します。
  4. キャッシュファイル.bcfを保存しているフォルダをドラッグアンドドロップして、エンターキーを押します。.bcfと同じフォルダに.vdbファイルが生成されます。

このツールはファイルの保存先やファイル名のパターン、レンダリングする必要がないチャネルを選択することができるようです。

このツールを使うとLightWaveやCinema 4Dで計算したシミュレーション結果を他のソフトで使用することができるようになります。これは便利ですね!

 

参考

https://forum.jawset.com/viewtopic.php?p=6278#p6278